芦屋浜の団地広場で400個の手作りランプに明かりをともし、YouTubeでライブ配信する”非接触型”のイベントを学生が企画、実施します。

芦屋市の団地で住民の交流促進に取り組んでいる生活環境学部生活環境学科 住環境・地域デザイン研究室(鎌田誠史准教授)の4年生8人が7月24日(土)、無人の広場に手作りのランプ約400個を点灯し、YouTubeでライブ中継します。制作から鑑賞まで「人が集う」ことを避けて行う、コロナ禍ならではの “非接触型”のイベントです。

鎌田ゼミが芦屋浜シーサイドタウン(兵庫県芦屋市)にある芦屋浜高層団地第2集会所を拠点に続けている「またあしたプロジェクト」の一環。同プロジェクトでは、集会所をリノベーションしたり、集会所前の広場に芝生を植えたり、世代を超えて住民同士が集う場の創出に取り組んできましたが、コロナ禍で対面の活動が中止に。新たなつながり方を模索する中で、非接触型のイベントを企画しました。

ランプは家型とランタン型の2種。学生が型紙やセロハンなど材料のキットを作成し、住民や近隣の子どもたち約200人に配布しました。作り方はWeb動画で伝え、出来上がった作品はまとめて学生が回収します。集まったランプはイベント当日、集会所前の広場に街並みのように展示して午後7時に一斉に点灯。その様子を約30分間、学生がYouTubeで実況を交え、生中継します。(雨天の場合、7月25日に順延)

昨年12月から自治会や芦屋市等と打ち合わせを進め、制作物の準備にも取り掛かりましたが、緊急事態宣言で2度延期になりました。ようやく実施できる見通しとなり、YouTube動画にリンクするQRコードを付けたポスターやチラシで周知を進めています。

TOP MUKOJO ACTION
ARCHIVE